カテゴリから選ぶ

おすすめグラフィックボードの選び方【2021年最新版】

パソコンでゲームをしたり、動画編集などクリエイティブな作業をしたりする際に必要となるのが、グラフィックボード(ビデオカード)。
グラフィックボードの機能・性能別に選び方などをご紹介いたします。自分に合ったグラフィックボードを選びましょう。

グラフィックボードの基礎知識

グラフィックボードの基礎知識

グラフィックボード(ビデオカード・グラフィックカード・GPU)は、3Dや高精細なパソコンの映像をより美しく滑らかに処理し映像に表現するPCパーツです。
映像の処理能力・描写能力を重視するなら GeForce RTX3080 などのハイエンドモデルがおすすめですが、コスパの良いグラフィックボードも数多くあります。
どこまで自分が求める性能を満たしているかなど、グラフィックボード選びはなかなか難しいものです。 このページではNVIDIAやAMDなどの有名メーカーに加えて選び方のポイントもご紹介します。

メーカーで選ぶ

NVIDIA (エヌビディア)

NVIDIAは世界的なグラフィックボードのメーカーです。
多くのメーカー製パソコンにも搭載されており、ゲームプレイヤー向けの「GeForce (ジーフォース)」シリーズや、クリエイター向けの「Quadro (クアドロ)」シリーズなどが有名です。
GeForceシリーズは GT、GTX、RTX の順で新製品が発売されており、基本性能も比例して高くなってきています。
シリーズごとに多くの型番があり、さらに同じ型番でも性能が上がる「Super」や「Ti」がついたモデルなど多くの種類があります。

AMD (エーエムディー)

AMDは、Radeon(ラデオン)シリーズなどのグラフィックボードを製造しているメーカーで、半導体でも世界的に有名なメーカーです。
Radeonシリーズはゲームからクリエイターまで幅広い層向けですが、クリエイターの方にはFirePro(ファイアプロ)というシリーズもあります。
コストパフォーマンスが良く、ローエンドユーザーに人気が高いグラフィックボードです。複数モニターに同時出力する能力や、発色の良さに人気があります。

メーカーで選ぶ

グラフィックボードの選び方

使用ソフトの動作環境で選ぶ

パソコンゲームや3Dグラフィックを扱うソフトを使用する場合は、目的のソフトウェアの動作環境を満たしているかを必ず確認しましょう。
例えば、ゲーム「Apex Legends」の必要動作環境は、NVIDIA GeForce GT 640 / AMD Radeon HD 7730 となっています。
この動作環境を満たさないと、ゲームがスムーズに動作しない場合や、起動することができない場合があります。 また必要動作環境を大きく上回るグラフィックカードを使用すれば、より快適な映像表現でゲームを楽しむことも可能です。
使用ソフトの動作環境で選ぶ

モデルで選ぶ

グラフィックボードは、同じチップを使用していても複数のモデルがあります。
GPUメーカーの設計基準をもとに作られたのがリファレンスモデルです。どんなパソコンでも安定して動作できるように設計されているのが特徴です。
対して、グラフィックボードを販売するメーカーが独自に設計したものをオリジナルモデルといいます。 OC(オーバークロック)や大型冷却ファンの搭載など、リファレンスモデルよりも性能が高くなる設計が特徴です。
モデルで選ぶ

冷却性能で選ぶ

グラフィックボードを選ぶ際は、ファンやヒートパイプなどの冷却性能を確認するのもおすすめです。
GPUへの負荷が多い作業をすると発熱が増し、性能を維持できなくなってしまう場合があります。その場合に冷却性能が大事になります。
冷却機能としてはファンだけでなく、水冷式のものもあり、ヒートシンクやヒートパイプなど、より放熱効果の高い部品を搭載しているモデルもあります。
冷却性能で選ぶ

PCケースのサイズで選ぶ

高性能なグラフィックボードを買ったけど、PCケースに入らない。そうなってしまっては元も子もありません。
ファンが3つ付いているような冷却性能の高いグラフィックボードはサイズが大きくなる傾向があります。 使用しているPCケースのサイズや、取り付けるスロット数を事前に確認してから購入することをおすすめします。
PCケースのサイズで選ぶ

接続端子で選ぶ

グラフィックボードを取り付けたパソコンでは、グラフィックボードの端子から液晶モニターに接続します。
デュアルディスプレイなど複数のモニターに接続する場合は、使いたいモニターの数だけ対応の端子が必要となります。 HDMI、DisplayPort、DVI、VGAなど、必要な端子の種類と数を確認するようにしましょう。
接続端子で選ぶ

消費電力で選ぶ

グラフィックボードは、ほぼ性能に比例して消費電力が高くなります。
電源容量が足りないとPCが起動しなかったり、すぐシャットダウンしてしまったりといったアクシデントが発生しますので、電源容量が足りない場合は大容量の電源ユニットに交換するなど、購入前に確認しましょう。
消費電力で選ぶ

ゲームからグラフィックボードを選ぶ

ゲームタイトル推奨グラフィックボード一覧はこちら
Escape From Tarkov
Call of Duty: Warzone
Battlefield 5
サイバーパンク2077
Flight Simulator
RTX2070 / RTX2080 / RTX3070 RTX3070 RTX2080 RTX2070
フォートナイト
Valorant
APEX Legends
レインボーシックス シージ
FF14
鉄拳7
MineCraft(MOD使用)
GTX1660 / RTX2060 / RTX3060 RTX3060 RTX2060 GTX1660
Overwatch
ストリートファイター V
League of Legends
MineCraft
マジック:ザ・ギャザリング
GTX1660 / GTX1060 GTX1660 GTX1060

おすすめグラフィックボード

GeForce RTX 3080シリーズ

GeForce RTX30 シリーズはゲーマーとクリエイター向けに作られたグラフィックボードです。 ミリ秒単位で勝負が決まるeスポーツの世界において、システム遅延を測定および最適化する革新的な一連のテクノロジを利用し、標的を捕捉する速度、反応速度、エイム精度を高め相手より優位に立ちましょう
GeForce RTX 3080シリーズ
GeForce RTX 3080シリーズ一覧はこちら

AMD Radeon RX 6000シリーズ

Radeon RX 6000シリーズはゲーム向けに作られたグラフィックスカードで、強力な拡張演算ユニットや新しいAMD Infinity Cacheを搭載しており、超高フレームレートと本格的な4K解像度のゲーミングを実現できるように設計されています。
AMD Radeon RX 6000シリーズ
Radeon RX シリーズ一覧はこちら

おすすめ関連トピックス