カテゴリから選ぶ

おすすめ冷蔵庫 〜サイズで選ぶ〜

おすすめ冷蔵庫特集

送料無料・基本設置料金無料にて承り中!リサイクル回収も承ります。

冷蔵庫は使いやすさが一番!住宅事情や家族構成にあわせてサイズや大きさを選びましょう。
例えば、マンションサイズと言われる横幅60cmでは、冷蔵庫の各メーカーの最大容量は、同じ横幅サイズでもメーカーによって冷蔵庫の容量は異なります。

機能や特長も大事ですが、まずはご自宅のキッチンに置ける冷蔵庫をしっかり選びましょう!

冷蔵庫の選び方

容量から選ぶ冷蔵庫

冷蔵庫の選び方として、まずは使用人数から容量を決めましょう。一般的に使える「冷蔵庫の容量目安計算式」というものがあります。

70L×家族の人数+常備品分(100L)+予備(70L) が目安の容量になります。

あくまで目安の容量なので、週末に大型のショッピングセンターでまとめ買いをすることが多いようなライフスタイルの場合、もう少し大きい容量が必要かもしれません。また、1人暮らしの場合には、200リットルくらいの容量がおすすめです。

※650L以上の大型冷蔵庫をご購入の場合「基本設置料金」内での配送設置ができないため、ご購入前またはご購入後に必ず「事前お見積り」を依頼ください。

幅から選ぶ冷蔵庫

ご自宅や引っ越し先の冷蔵庫を置く幅をメジャーなどで測ってからご購入されることをおすすめします。
設置するスペースは、冷蔵庫本体幅の+10cmが必要です。本体幅が60cmなら70cm以上のスペースが必要です。
また、冷蔵庫高さの上面空きが5cm以上必要で奥行きは20cm以上が必要です。

設置する場所のスペースがあっても、そこに置くまでの搬入の経路で運べない場合もあるので、搬入経路の確認も必要です。

詳しくは 冷蔵庫設置のご案内 をご覧ください。

ドアの開き方から選ぶ冷蔵庫

キッチンのスペースや、家事動線に合った扉の開閉方向をチェックしましょう。

右側に壁が来る場合には、右開きのタイプがおすすめです。
左側に壁が来る場合には、左開きのタイプがおすすめです。
引っ越しが多いご家庭や、扉の開閉スペースが取れないような場合、フレンチ(観音開き、両開き)タイプがおすすめです。

省エネ性能で選ぶ冷蔵庫

冷蔵庫は、家電製品のなかでも電気代がかかるモノのひとつです。省エネ情報の提供が製品に義務付けられており、★マークで表記されています。星が5つ付いていれば、達成率100%を超えた省エネ性能に優れているモデルです。
また、容量の大きなモノは各メーカーの上位モデルが多く、省エネ性能にも優れています。小型の冷蔵庫より電気代が安くなる場合もあるので、確認してみましょう。

メーカーで選ぶ冷蔵庫

パナソニック(Panasonic)は大阪に拠点を置く電機メーカーです。家電やデジタル製品も多く展開しているため、馴染みのある方も多いと思います。 冷蔵庫については、大家族用の大型モデルからふたり暮らし・一人暮らし用の小型タイプまで、豊富なラインナップを用意しています。「はやうま冷凍」は、急速冷凍で食材の新鮮さをキープしたまま冷凍保存できます。

MITSUBISHI(三菱)の冷蔵庫はこだわりの機能を持っているモデルが多いのですが、その中でも「切れちゃう瞬冷凍」という解凍なしで食材をそのまま調理できる機能が便利です。 「氷点下ストッカー」は凍らせずに生のまま長持ちさせるため、生鮮食品をまとめ買いする習慣がある方に非常に役立ちます。

日立は、東京に本社を構える世界的な電機メーカーです。冷蔵庫や掃除機、洗濯機などさまざまな家電を展開しております。 日立の冷蔵庫は、冷蔵室全体をチルドルームとして扱える「まるごとチルド」や、食品の酸化を抑える「真空チルド」などの機能が特徴です。 スマホで庫内の状況をチェックしたり、消費期限を管理したりできる「日立冷蔵庫コンシェルジュアプリ」を利用可能なモデルもあります。

シャープは液晶テレビやスマートフォン、生活家電などを手がけているメーカーです。エアコンや空気清浄機にも付いている「プラズマクラスター」機能は付着菌を除菌する効果があると謳っており、冷蔵庫においても「プラズマクラスター冷蔵庫」を展開しています。

多くの家電製品を展開する東芝は、野菜に特化した「VEGETA(ベジータ)」というシリーズを展開しております。大きめの野菜でも出し入れがしやすいように野菜室の位置を中段に配置したり、鮮度を保つ「新鮮ツインシステム」機能を備えたモデルもあります。

サイズ別おすすめ冷蔵庫

1人用(199L以下)

2〜3人用(200〜399L)

3〜4人用(400〜499L)本体幅60cm以下

5人以上用(500L以上)

送料無料・基本設置料金無料にて承り中!リサイクル回収も承ります。

冷蔵庫 人気ランキング

集計期間:06月27日〜07月03日

おすすめ関連トピックス