カテゴリから選ぶ

ソニー ノイズキャンセリングヘッドホン『WH-1000XM5』登場!!

ソニー フルワイヤレスイヤホン
『WF-LS900N』登場!!

ラインナップ

2022/06/03 発売

SONY(ソニー)フルワイヤレスイヤホン LinkBuds S ブラック WF-LS900NBC [リモコン・マイク対応 /ワイヤレス(左右分離) /Bluetooth /ハイレゾ対応 /ノイズキャンセリング対応]

SONY(ソニー)フルワイヤレスイヤホン LinkBuds S ホワイト WF-LS900NWC [リモコン・マイク対応 /ワイヤレス(左右分離) /Bluetooth /ハイレゾ対応 /ノイズキャンセリング対応]

SONY(ソニー)フルワイヤレスイヤホン LinkBuds S エクリュ WF-LS900NCC [リモコン・マイク対応 /ワイヤレス(左右分離) /Bluetooth /ハイレゾ対応 /ノイズキャンセリング対応]

comment

サクッと、ハマれ、画面の向こうへ。ながら聴きも、ハマり聴きも、思うがまま。

color

¥26,400

¥24,000

2,640

¥26,400

¥24,000

2,640

¥26,400

¥24,000

2,640

『WF-LS900N』紹介動画

『WF-LS900N』の特長

小型軽量設計と長時間装着しても快適な小型軽量設計

ノイズキャンセリングとハイレゾ対応で世界最小・最軽量(*)設計に加えて、耳から飛び出す量を抑えることでイヤホンの重心が頭に近く、安定した装着性を実現しています。 また、イヤホン本体と耳の接触面を増やした形状設計「エルゴノミック・サーフェース・デザイン」を採用しました。 耳の複雑な凹凸にも干渉しにくい形状になっており、長時間装着しても快適にご使用いただけます。

* 2022年3月30日時点、ソニー調べ。LDAC対応完全ワイヤレス型ノイズキャンセリングヘッドホンにおいて

■装着安定性の向上

小型軽量設計に加えて、耳から飛び出す量を抑えることで、イヤホンの重心が頭に近く、安定した装着性を実現しています。また、イヤホン本体と耳の接触面を増やすような形状設計「エルゴノミック・サーフェース・デザイン」を採用しました。耳の複雑な凹凸にも干渉しにくい形状になっており、快適にご使用いただけます。

■充実した基本性能と高い操作性

ノイキャンON時は最長20時間(※1)と長時間使用可能なロングバッテリーライフと突然の外出時も安心なクイック充電にも対応。さらに、音切れしにくい高い接続安定性や雨や汗を気にせず楽しめる防滴性能等充実した基本性能を実現しています。

※1 完全ワイヤレスモデルはケース充電を含む。コーデックはAAC。DSEE Extreme/イコライザーの搭載モデルはOFF設定時、またその他機能は全て初期設定時

※2 コーデックはAAC、ノイズキャンセリング機能ON時、DSEE Extreme/イコライザー搭載モデルはOFF設定時、またその他機能は全て初期設定時

■コンパクトながら高いバッテリー性能を実現

ノイズキャンセリングONの場合は本体最長6時間バッテリーと、ケース充電込で合計最長20時間(※1)バッテリーが持続します。さらに、ノイズキャンセリングOFFの場合は本体のみで最長9時間、ケース充電込で合計最長30時間(※1)バッテリーが持続します。また、5分充電で60分再生可能(※2)のクイック充電にも対応。突然の外出時も安心です。

※1 完全ワイヤレスモデルはケース充電を含む。コーデックはAAC。DSEE Extreme/イコライザーの搭載モデルはOFF設定時、またその他機能は全て初期設定時

※2 コーデックはAAC、ノイズキャンセリング機能ON時、DSEE Extreme/イコライザー搭載モデルはOFF設定時、またその他機能は全て初期設定時"

■外音取り込みによる「ながら聴き」と高性能ノイキャンによる没入を両立

音声コンテンツを聴きながら、周囲の音も聴ける「アンビエントサウンド(外音取り込み)モード」を搭載しました。従来モデルよりも信号処理における外音取り込み量を増やすことで、より自然な外音取り込みを実現。

■高性能ノイズキャンセリングを実現する「統合プロセッサーV1」

自社で特別に開発した統合プロセッサーV1を搭載。チップの処理能力が向上し、ノイズに対して低遅延での処理が可能になり特に高音域でのノイズキャンセリング性能が向上しました。また、Bluetooth SoCと高音質ノイズキャンセリングプロセッサーを1つのチップに統合することで、小型化も実現しました。フラグシップモデルのWF-1000XM4と同じチップを用いることで、小型ながらに高いノイズキャンセリング性能を実現しています。

■自分の声を相手にクリアに届けるマイク通話(

複数のマイクを最適に制御し、高度な音声信号処理を行う高精度ボイスピックアップテクノロジーにより、高い通話品質を実現。5億サンプルを超えるAIの機械学習で構成された装着者の声とそれ以外の環境ノイズを分離するアルゴリズムによって周囲の環境ノイズを抑え、あなたの声をクリアに抽出します。さらに、本体内側のマイクを通話に利用することで、発話者の声をよりクリアに通話相手に届けることができます。

※ AndroidやiPhoneなどのスマートフォン・PCがBluetooth機能を搭載し、HFPまたはHSPに対応している必要があります

■IPX4相当の防滴性能(

雨天や汗をかく場面でも使用可能なため、外出時やスポーツ時もいつでも使用頂けます()。

※ 本機の音導管(音出口の筒部)、通気孔、マイク穴を除く

■ハイレゾワイヤレスで高音質を楽しめる

LDAC対応でワイヤレスでもハイレゾ音質(※1)。また、DSEE Extreme(※2)搭載により、AndroidでもiPhoneでもCD、MP3、ストリーミングなどのさまざまな圧縮音源も、ハイレゾ級(※3)の高音質で楽しめます。

※1 ハイレゾコンテンツをLDACコーデックで最大転送速度990kbpsで伝送する場合。「Headphones Connect」アプリから操作が必要です。ハイレゾストリーミングの楽曲をハイレゾ音質で試聴する場合は、LDACコーデックに対応かつAndroid 10.0以上の再生機器が必要です。WalkmanやスマートフォンAndroidのバージョンをお確かめの上ご使用ください。なお、一部対応していない機器があります

※2 DSEE Extremeは「Headphones Connect」アプリから機能を有効にすることでお楽しみいただけます

※3 DSEE Extreme ON時にCDやMP3などの圧縮音源をSBC/AAC/LDACのコーデックでBluetooth再生する際、最大96kHz/24bitまで拡張(再生機器の仕様によっては圧縮音源をLDACで伝送する場合でもDSEE Extremeが無効になる場合があります)"

■洗練されたデザイン

ジオメトリックでアイコニックな個性と、快適な装着性の両立を実現したプロダクツデザイン。さらに、滑らかでスリークなフォルムは装着時の心地良さだけでなく、汚れにくさにも寄与しています。カラーバリエ―ションは、どんな場面でも使いやすいニュートラルなカラーを採用し、本体はツートーンカラーでバリューを持たせました。

■風ノイズの低減構造

ノイズキャンセリングや外音取り込み中の風ノイズを最小限に抑えるため、内部マイクを包むメッシュを採用いたしました。風が強い中でも快適に過ごすこと出来ます。

■環境へ配慮した設計

本体・ケースの外装部分などに再生素材を使用
工場から回収した樹脂を使用した再生プラスチックを使用しています。

シリーズ最大の進化を遂げたノイズキャンセリング機能「WH-1000XM5」

ソニーオーディオの人気商品はこちら

SONY「LinkBuds」

WM1シリーズ

WF-1000XM4

WH-1000XM4

wireless