カテゴリから選ぶ

おすすめ炊飯器や選び方をご紹介!

おすすめ炊飯器や選び方をご紹介!

炊飯器の選び方

炊きあがりの量をチェック

炊飯器を選ぶ際に重要なのは、炊き上がりの量です。炊飯器は主に3合・5合・5.5合・1升炊きが一般的で、1合あたりに約350gのご飯が炊けます。炊飯器は炊飯量の規定ギリギリで炊くよりも、すこし少なめが1番美味しく炊けるため、サイズを選ぶ時は食べる量よりも大きめのモデルを選ぶのがポイント。

一人暮らしなら3合程度、2〜3人家族なら3合〜5.5合、4人以上は5.5合〜1升炊きの容量がおすすめです。

美味しさに関わる“加熱方式”

“圧力IH”ならモチモチ食感もおまかせ

圧力IH式は、内釜に圧力をかけて一気に加熱を行う方式のこと。高火力で素早く炊飯を行うため、お米の甘みやうまみを引き出しやすいのが特長です。

普段は食べにくい玄米なども、モチモチ食感でおいしく食べやすくなります。圧力IH式は各メーカーの上位モデルで採用していることが多く、価格が高め。その分、よりおいしいご飯を楽しめます。

“IH”は粒立ちシャッキリ

IH式は、内釜をIHコイルで発熱させて加熱する方式のこと。適度な火力を保てるため、しゃっきりとした粒立ちと、ほどよい硬さの食感で楽しめるのがポイントです。

また、炊き上がりのムラが少ないので、釜内のどこのご飯をとってもおいしく食べられます。IH式はコストパフォーマンスに優れたモデルが多いのが魅力。手軽においしくご飯を食べたい方におすすめです。

“マイコン”は安くてシンプル

マイコン式は、本体底部に搭載されたヒーターを使い、釜を直接加熱する方式のこと。マイコン式を選ぶ最大のメリットは、コストを抑えて購入できる点です。一方で炊いたときのムラが発生しやすいのがデメリット。

とはいえ、お米の味わいや食感に特にこだわりがない方であれば、充分に使用できます。コストを抑えられることから、一人暮らしの方をはじめ、自炊の機会が少ない方、単身赴任のため使用する期間が短い方などにもおすすめです。

内釜の素材

“鉄器”は短時間でふっくら|象印・日立

IHとの相性がよく発熱効率が高いのが鉄器素材です。熱伝導率がいいため、より短時間でお米を炊くことが可能。お米を素早く炊き上げることで栄養素を逃がさず、ふっくら柔らかなご飯が楽しめます。

象印では、熱伝導率に加え蓄熱性の高い「豪炎かまど釜」や、手頃な「鉄器コート」が主流。日立では、アルミと鉄を組み合わせた「沸騰鉄釡」や「打込鉄・釜」が主流です。

ムラなく炊ける“炭釜”|三菱・東芝

鉄釜と似た性質を持ちながら、鉄釜よりも優れた熱伝導率を持つタイプです。加熱ムラがなく、一気に発熱するため直火で炊いたときのような仕上がりがポイント。内釜自体が冷めにくい性質を持っているので、炊きたての状態を維持できます。

三菱では、純度99.99%の炭を使用した「本炭釜」が特長。また、東芝では外面を備長炭入りのコーティングを施した製品がラインナップしています。

“銅釜”は甘みのある仕上がり|パナソニック・アイリスオーヤマ

鉄釜よりもさらに素早く、まんべんなく熱を伝えられるのが銅釜の特長です。釜内の中心部から側面までが均一に加熱されるので、ふっくらとしたツヤのあるご飯に仕上げられるのが優れている点。「多層釜」と呼ばれる、アルミやステンレスなどのさまざまな素材を重ねる構造のなかで、銅も多く採用されています。パナソニックやアイリスオーヤマのモデルで「ダイヤモンド銅釜」や「極厚銅釜」などの名称で展開されているので、チェックしてみましょう。

“土鍋”はもっちりとした炊きあがり|タイガー・シロカ

加熱することで遠赤外線効果を高める土鍋方式は、お米の芯までしっかり熱を通してもっちりとした美味しいご飯が炊けるのがポイント。蓄熱性にも優れているため、炊いたご飯を美味しい状態のまま保存することもできます。

タイガーでは独自の「本土鍋」や「遠赤9層土鍋かまどコート釜」などにより、お米の甘みや香りを引き出せるのが特長。シロカは「伊賀焼土鍋」を採用しており、昔ながらの土鍋の美味しさを再現しています。

便利な機能をチェック

保温機能

炊飯器に保温機能が備わっていると、ご飯をたくさん炊いておいて数回に分けて食べる、といった使い方ができます。家族で食事時間が異なる場合でも、それぞれが温かいご飯をすぐに食べられるのがメリット。

なかには、長時間保存してもおいしさが維持できるモデルも存在しています。保温中にスチームを送り込むことで水分量を保てる「スチーム保温」機能がその代表的な例です。ほかにもさまざまな保温機能を備えた機種がラインナップされているので、忘れずにチェックしましょう。

炊き分け機能・調理コース

「炊き分け」機能や「調理コース」機能を搭載したモデルであれば、白米を炊くだけでなく、炊飯器をさまざまな料理に活用できるのが魅力です。

「炊き分け」機能においては、銘柄米に合わせて炊き方を調節したり、玄米などの白米以外の穀物をおいしく炊きあげたりできるモデルがラインナップされています。また「調理コース」では、ケーキやパンを焼けるモノや、肉じゃがやビーフシチューといった煮込み料理を作れるモノなどさまざまです。

蒸気レス・カット

炊飯時に出る蒸気を抑えた蒸気レス・蒸気カット機能付きのモデルも人気です。炊飯器から出る蒸気は量が多く、設置場所によってはカビや家具の汚れ、家電の故障につながったり、高温の蒸気によって子供がヤケドしてしまう可能性があったりします。

蒸気レス・蒸気カット搭載のモデルであれば、蒸気によるトラブルやリスクを減らすことが可能。小さな子供がいる家庭にもおすすめです。

人気メーカーの特徴

象印マホービン(ZOJIRUSHI)

前回食べたご飯の感想を入力すると、炊きあがりを自動で調節してくれる「わが家炊き」が大きな特長。最大121通りの炊き方があり、どの家庭でもお気に入りのご飯の食感を見つけられます。
センサーを利用する「極め保温」、蒸気を逃がしにくい「うるつや保温」など、長時間保温できる性能を備えたモノもあり、お米の美味しさにこだわりたい方におすすめのメーカーです。

象印マホービン(ZOJIRUSHI)一覧

タイガー(TIGER)

タイガーの炊飯器は土鍋や、土鍋コーディングのある内釜を採用しているのが特長。遠赤外線効果や蓄熱性、熱伝導率が高いため、美味しいご飯を長時間楽しめるのがポイントです。
高級ラインだけでなく、多機能で価格も手にとりやすいリーズナブルなモデルも多いので、一人暮らしや単身赴任中の方にも人気があります。

タイガー(TIGER)一覧

パナソニック(Panasonic)

火力の高さと変動によって、内釜内に激しい対流を起こして炊き上げる「おどり炊き」機能に特化したメーカー。炊きムラが少なく、ふっくら柔らかいご飯が楽しめます。
また、センサーがお米の鮮度を検知してくれる「鮮度センシング」や、食感を変える「食感自在炊き分け」など、特に上位機種は機能が豊富なのもポイントです。

パナソニック(Panasonic)一覧

日立(HITACHI)

日立の炊飯器は、高い圧力と火力でお米をふっくらと炊きあげられるうえに、蒸気が吹き上がらないモデルが人気です。蒸気がほとんど出ないので、置き場所の幅が広がります。
「スチーム保温」機能が搭載されていれば、炊飯中に発生した蒸気を溜めておき、保温時にスチームを放出してお米の水分を維持できるのが特長。さらに、ご飯だけでなくおかゆや玄米、煮込み料理など幅広い用途で活用できるのが日立の炊飯器の強みです。

日立(HITACHI)一覧

三菱(Mitsubishi Electric)

三菱の炊飯器は、本物の炭を使った「本炭釜」、備長炭コートが施された「炭炊釜」といった内釜を使用しているのが特長です。
他メーカーでよく見られる「圧力炊き」を採用していないので、どちらかというと"しゃっきり"としたご飯に仕上げられるのが特筆すべき点。少し硬めの食感が好みの方におすすめです。

三菱(Mitsubishi Electric)一覧

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

アイリスオーヤマの炊飯器は、「銘柄炊き分け」機能を搭載しているのが魅力。「こしひかり」「あきたこまち」「ひとめぼれ」など、対応する銘柄米を設定すれば、それぞれの特長を最大限に活かした炊飯が行えます。
また多機能ながらコストパフォーマンスに優れているのが、アイリスオーヤマの炊飯器の魅力的なポイントです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)
一覧

東芝(TOSHIBA)

東芝の炊飯器は、独自の「真空技術」を採用しているのが特筆すべき点。
内釜内が真空になることで圧力差が発生し、お米ひと粒ひと粒の芯までしっかりと吸水させられます。その結果、やわらかく粘りのあるお米に変化するため、他メーカーと比べてうまみのあるご飯を食べられるのがメリットです。

東芝(TOSHIBA)一覧

炊飯器のおすすめ|3合程度

象印マホービン「極め炊き」NP-RM05(圧力IH)

圧力をかける時間を調節して、白米以外にも酢飯やしゃっきりした白米など、好みに合わせて3通りの炊き上がりを選べる「炊き分け圧力」が搭載されたモデルです。

「熟成炊き」では、時間をかけてお米に水を浸し、芯までじっくり吸水させることでふっくら炊き上げられるのがポイント。栄養価の高い雑穀米や玄米、金芽米などが炊ける健康米メニューも魅力の炊飯器です。

商品詳細

パナソニック「Jconcept(Jコンセプト)」SR-JW058(圧力IH)

一人暮らしや単身赴任中でも、ご飯にこだわりたい方におすすめのコンパクトな小容量タイプの炊飯器です。6銘柄の炊き分けが可能な「銘柄炊き分けコンシェルジュ」機能を搭載しています。

発熱性と蓄熱性に優れた「ダイヤモンド竈釜」と、ご飯の甘みとうまみを引き出す「熟成浸水」がポイント。白米以外にも炊き込みご飯やおこわなどさまざまなメニューが選べます。

商品詳細

三菱「炭炊釜」NJ-SV06R(IH)

独自の「炭コート遠赤放熱板」を採用したおすすめの炊飯器です。内釜だけでなく、炭コーティングされた放熱板が包み込むように遠赤外線を放射し、ふっくらと仕上げられるのが特徴。釜底・ふた・胴回りに配された5重のIHで高火力炊飯を行い、内釜全体に熱を伝えます。

炊く前には超音波による微振動でお米にどんどん水を吸わせるので、普通に水につけて炊くよりもみずみずしい炊き上がり。しっかり吸水したお米は冷めてしまっても美味しさが持続し、お弁当に詰めても味が落ちにくいのがうれしいポイントです。

商品詳細

シロカ「かまどさん電気」SR-E111(IH)

より本格的なご飯の味を楽しめる、伊賀焼の土鍋を採用した炊飯器です。本製品は本物の土鍋でご飯を炊けるのが特長。土鍋の特性で、炊飯の過程で土が水分の吸収や排出を行うため、炊き立てでも冷めていても、最適な水分量のおいしいお米が食べられるのが魅力です。

また、伊賀焼は水分膜が発生する特長があるので、お米が土鍋に引っつくことなく簡単にお手入れを行えます。料亭や旅館で食べるようなお米の味を楽しみたい方におすすめの炊飯器です。

商品詳細

東芝 RC-6PXR(圧力IH)

ごはんを粒立たせる700Wの大火力で、加熱時や蒸らし時でも適切な火力に多段階火力調節する「炎 匠炊き」に加え、 最大圧力1.2気圧の約105℃沸騰で炊き上げることで、お米の芯までしっかり熱を加え、 粘りと甘みを引き出し、最大容量3.5合からお茶碗一杯分0.5合の小容量でもふっくらと粒が立つごはんに炊き上げます。
お米をしっかりひたし、水が十分に吸水されてからゆっくり加熱することでより甘みが感じられる「甘み炊き」コース。
食べにくい玄米も、玄米と白米の食感の差が少なくなるように食べやすく、バランス良く炊き上げる「白米・玄米混合」コースなど、 11つの炊飯コースを搭載。

商品詳細

タイガー「炊きたて」JAI-R552-W(マイコン)

一人暮らしの方が使いやすい、お手頃な炊飯器です。搭載する「エコ炊き」メニューは、沸騰し続けられる最小の火力で加熱を行う機能。通常の「白米」メニューに比べ、電気代を抑えられるのが魅力です。

また炊飯以外には「煮込みメニュー」を搭載。煮込み料理に最適な火加減で加熱するため、煮込み料理で染み込みが悪くなってしまったり、煮詰まってしまったり、ありがちなミスを防いで簡単に作れます。シンプルながらも自宅でちょっとした料理を手軽に作りたい方におすすめの炊飯器です。

商品詳細

炊飯器のおすすめ|5合程度

パナソニック SR-MPW101-W(圧力IH)

おどり炊き(大火力IH・可変圧力)2つの炊き技でお米を激しくおどらせ一粒一粒にムラなく熱を均一に行き渡らせることで、 甘みともちもち感のあるふっくら美味しい銀シャリに炊き上がります。
熱効率、軽さ、丈夫さ、すべてを兼ね備えた自社一貫生産こだわりの竈(かまど)釜と、 その全面を包み込むように搭載した6段のIHにより、大火力をベストなタイミングでお米の芯まで伝えます。
「冷凍用ごはん」コースで冷凍・再加熱後もほぐれよく、粒の中までやわらかいごはんになるように炊き上げます。

商品詳細

タイガー「ご泡火炊き」JPL-G100(圧力IH)

土鍋ならではの力強い泡立ちと高火力でふっくら甘みのある炊きあがり「ご泡火炊き」細かく大量の「泡」に包まれてコメがきめ細かく踊るので、甘みうまみが逃げず美しく炊きあがります。

さらに釜底温度約280℃の高火力を受け止めることができるのは大地の恵みからできた土鍋&土かまどだけ。
通常5.5合サイズで少量を炊くと熱の効率が悪く、美味しく炊きづらいですが、付属の土鍋中ふたをセットすることで、炊飯空間を物理的に小さくし、1合&0.5合でも香り高く甘みのあるごはんに仕上げます。
普段は少量しか炊かない方でも来客やご家族の集まりがある際は5.5合まで炊けるので安心。

商品詳細

象印マホービン「炎舞炊き」NW-PT10(圧力IH)

象印独自の4つの底IHヒーターがかまどの激しい炎のゆらぎを再現する「炎舞炊き」 釜内を激しい対流でかき混ぜ、炊きムラを抑えます。
「炎舞炊き」を活かす「鉄 〜くろがね仕込み〜 豪炎かまど釜」を採用。かまどの炎を再現した炊き方「炎舞炊き」を活かすために必要なのは、蓄熱性・発熱効率・熱伝導率の3つのバランスがとれた内釜です。
よりお好みの食感に炊き上げる「わが家炊き」メニュー搭載。前回炊いたごはんの感想を入力することで炊き方を細かく調整し、お好みの食感に進化していく81通りの「わが家炊き」メニュー。
お米の銘柄や季節が変わっても、どの家庭でも好みの食感に炊くことができます。

商品詳細

日立「ふっくら御膳」RZ-W100EM-K(圧力IH)

決め手は圧力とスチーム。日立独自「極上ひと粒炊き」。「大火力 沸騰鉄釜&全周断熱」でおいしく炊き上げ。炊飯中に蒸気がほとんど出ない「蒸気カット」します。
めざしたのは京の米老舗八代目儀兵衛の「外硬内軟(がいこうないなん)」というひと粒のうまさ。“浸し”の工程で水温に合わせて火加減や浸し時間を調整。
じっくりと米に吸水させたら、圧力をかけながら最高1.3気圧まで加圧し、沸点を最高107℃まで上昇させて高温で加熱。余分な水分を飛ばした後、圧力をかけたまま、さらに最高107℃のスチームを使い、高温を維持しながらじっくり蒸らす。
八代目儀兵衛も認める「外硬内軟」の炊き上がりを炊飯器で実現しました。

商品詳細

アイリスオーヤマ「瞬熱真空釜」RC-IF50-B

業界初新技術!熱伝導速度約100倍で、かまど炊きご飯の美味しさを目指した瞬熱真空釜IHジャー炊飯器です。
かまど炊きのような炊き上がりを実現するため、業界で初めて炊飯釜に熱伝導技術「ヒートパイプ」を採用しました。
瞬熱真空釜は釜全体が均一に加熱されることで水が対流しにくく、お米をおどらせないため、お米が傷つかず、粒立ちのいいツヤのあるご飯を炊くことができます。
よそったごはんの量からカロリー目安を算出し、ごはんのカロリーをお知らせします。

商品詳細

東芝 RC-10MSL-W(マイコン)

ご飯をよりおいしく食べられる「本かまど」コースを利用可能。いつもよりも時間をかけて炊飯を行うことで、よりふっくら炊きあげられるのが特徴です。

さらに「調理コース」には、パンケーキ、温泉卵などのメニューがあり、温度設定を気にせず簡単に作れます。低価格ながらもこだわりのご飯を楽しみたい方にお勧めの炊飯器です。

商品詳細

炊飯器のおすすめ|1升程度

象印マホービン「極め炊き」NP-ZW18(圧力IH)

好みの食感に炊き分ける3通りの「炊き分け圧力」圧力の強さと圧力をかける時間を調整して、 白米ふつうだけでなく、すしめしや、白米しゃっきりまで、メニューにあわせて圧力と時間を変えて3通りの食感に炊き分けます。
底センサーが保温に最適な火加減で温度コントロールします。水分の蒸発を抑え30時間までおいしく保温します。
炊きこみごはんを炊いた後など内釜の中のにおい残りが気になる場合は、クリーニング機能を使用すると、ニオイ残りを抑えます。

商品詳細

タイガー 「炊きたて」 JPW-BK18-K(IH)

タイガー土鍋圧力IHジャー炊飯器に搭載している「一合料亭炊き」で研究した、少量でも旨みを引き出す加熱を金属釡でも再現
「その日そのとき食べる分だけの炊きたてごはんをおいしく食べたい」というお声にお応えします。
すし・カレーメニューでは、しゃっきりしたごはんが炊きあがるので、手巻き寿司やカレーに最適です。
操作パネル部分を抗菌仕様に。いつも触れるところが衛生的で安心です。

商品詳細

タイガー「炊きたて」JBH-G182-W(マイコン)

内釜に1.7mmの「黒遠赤厚釜」を採用した炊飯器です。マイコンながらも炊きムラを抑え、ふっくらとしたご飯を食べられるのがメリット。「エコ炊きメニュー」なら、白米を普通に炊飯したときと比べて電気代を節約できます。

「調理メニュー」ではビーフシチューや肉じゃがなど本格的な煮込み料理も調理可能。加熱温度が調節され、ほどよく染み込んだ味に仕上がります。ご飯だけでなく煮込み料理もたっぷり簡単に作りたい方におすすめです。

商品詳細

炊飯器 売上ランキング

集計期間:11月23日〜11月29日

美味しいお米を炊くために

お米は同じ炊飯器でも炊き方によって味や食感が異なります。正しい炊き方で美味しいご飯を炊きましょう。

  1. 計量カップを使用してすりきりいっぱいまで入れて計りましょう。
  2. 計量したお米はザルに入れましょう。そのままお釜を使ってしまうと研いだお米の汚れがそのまま残ってしまうためです。
  3. ボールに張った水にお米をサッとくぐらせ、軽く数回かき混ぜます。
    お米は最初の水を一番吸収するため、お米に付着した汚れまで吸収させないようにするためです。
  4. そのあとは10〜15回ほど優しくかき混ぜて流す、という流れを3〜4回繰り返します。
  5. 釜に研いだお米を移し、目盛りちょうどまで水を入れます。時間がある場合はそこから30分〜1時間30分ほど置いておくとよりふっくらとしたしたご飯を炊くことができます。