すべてのジャンル

いまさら聞けない 無線LANルーターの知識

無線LANルーターとは?

市販されている無線LANルーターには「IEEE 802.11」といった表記があります。
これは世界的標準の無線規格である「IEEE 802.11」を搭載した機器に表記されており、のちに『Wi-Fi』という共通規格が作られ、今ではおなじみの『Wi-Fi』が無線LANの世界的標準となりました。
そのため、一般的には「無線ルーター」や「Wi-Fiルーター」は同じものを指します。

Wi-Fiがない環境ではLANケーブルを挿してインターネットをしているはずですが、このLANケーブルに「Wi-Fi(無線LAN)ルーター」という機器をつなげることでWi-Fiが使えるようになります!

Wi-Fiにするとなにができるの?

Wi-Fi(ワイファイ)とは、ケーブルがないから、ケーブルの長さにとらわれず、別の部屋でも、どこでもインターネットができます!
さらに、ケーブルがないと、掃除も楽で、お部屋のレイアウト変更もしやすく、スマートフォンやタブレット、ゲーム機など、 複数の無線に対応対応したデバイス(機器)をつなげることができます。
iPhoneやAndoroidなどのスマホをご利用の方には特におすすめなのは、Wi-Fiは、LTE/3Gより高速ということ!
インターネットでの画面表示やアプリのダウンロードがサクサクできます!

※LTE/3Gとは、スマートフォンや携帯電話用の通信網のこと。利用エリアが広く、外出先でも便利にインターネット接続できますが、速度が遅めです。


動画の視聴や大容量ファイルのやりとりが快適なLTE(高速モバイル通信)には、3GBや7GBといった通信量制限があるため使いすぎると動画視聴はもちろんWebページの閲覧ですらイライラするほど遅くなります。また、電波状況に影響されるため、通信が途切れたりすることもあります。Wi-Fi(無線LAN)なら、通信量制限を気にすることなく、家中安定した高速通信が可能なため、動画も快適に再生でき、好きなだけ楽しめます。


スマートフォンより画面が大きく見やすいので、自宅ではタブレット使いたいという方も多いと思います。Wi-Fi(無線LAN)ならキャリアとの契約をしなくても、Wi-Fiモデルのタブレットで家中どこでもインターネットを利用できるので、毎月の使用料がかかりません。


Wi-Fi(無線LAN)なら、ケーブルがないのでパソコンを移動してどこでも好きな場所でインターネットを利用できます。資料作りやアルバム整理などの作業はデスクで、動画視聴や音楽鑑賞はくつろげるベッドやソファーなど、その時の気分に合わせて好きな場所でパソコンを使えます。

Wi-Fiにするには?

便利そうではあるけれど、いざとなったら難しそう。
いったい、どうやってWi-Fi環境を整えればいいんでしょう?

@Wi-Fiにするために必要なもの

インターネット回線があることが大前提ですが、Wi-Fi対応の親機(Wi-Fiホームルーター)とWi-Fiに対応したパソコンやスマートフォン、テレビ、プリンタなどの機器があれば、始められます。

ALANケーブルを「ルーター」につなぐ

Wi-FiがないところではLANケーブル挿してインターネットをしていますが、このLANケーブルに「Wi-Fi(無線LAN)ルーター」という機器をつなげることでWi-Fiが使えるようになります。

Bパソコンやスマホから簡単に設定

「ルーター」の設置ができたら、あとはWi-Fiにつなぎたい機器からWi-Fiの設定をするだけ! パソコンなら、Wi-Fiのアイコンやネットワーク接続画面で設置した「ルーター」を見つけ、ルーターに書いてあるIDと暗号キーの2つの文字列を入力すれば設定OKです!

Wi-Fiの設定ってむずかしくないの?

Wi-Fiを使うための設定は機器やメーカによって異なりますが、設定はとてもカンタン!
ボタンを押すだけでパソコンなどと接続設定できる「らくらく無線スタート」や、QRコードを読み取るだけでスマホの接続設定が行える「らくらくQRスタート」など便利な機能が豊富です。

無線LANルーターの選び方