すべてのジャンル

DELL(デル) ALIENWARE特集

What's ALIENWARE

1.ALIENWAREとは

1.ALIENWAREとは

ALIENWAREはデル株式会社が提供するプレミアムゲーミングパソコンブランドで、1996年にアメリカで創業されています。創業から一貫してゲーマーの目線でゲーマーのための事業を続け、ゲーマーとともにあることを宣言する”WE'RE GAME.”をスローガンに掲げています。

製品作りにおいては、4つの信条に基づいた製品開発を続け、業界に革新を起こし続けています。ゲーマーの皆様に最上のゲーム体験をお届けすることを、今までも、そしてこれからも約束し続けてまいります。

2.ALIENWAREの信条

2.ALIENWARE の信条

3.ALIENWAREの歴史

3.ALIENWARE の歴史

ALIENWAREの歴史は革新の歴史です。こちらの年表でご紹介しているのは、ALIENWAREが成し遂げてきた世界初のゲーム体験の数々です。ユーザーに最高のゲーム体験を届けるため、日々開発が続けられています。

ALIENWARE Technology

1. 革新的な技術の数々

3.ALIENWARE の歴史

ファクトリーオーバークロック

CPUはスペックが同じならばすべて同じだと思われていませんか? ALIENWAREのこだわりはそこから始まります。ALIENWAREでは、オーバークロックが可能なCPUは、出荷前に社内検証が済んだオーバークロック設定のプロファイルがあらかじめ搭載されています。CPUの力を安定させながら最大限に引き出す独自のチューンナップです。例えば、第8世代インテル® Core™ i7 8700Kプロセッサーを搭載したALIENWARE AURORAでは、6つのコアすべてを同時に、最大4.6GHzで稼働させることができます。これは高速マルチタスクが求められるハイエンドゲーミングパソコンに対するALIENWAREの答えのひとつです。


冷却機構

ALIENWAREは冷却機構がゲーマーにとって最も重要なコンポーネントのひとつであることを理解しています。ALIENWAREの冷却システムは、すべて長時間高負荷稼働が前提に設計されています。人間工学をも取り入れた独自のエアフローシステムはすべての機種で、その求められるパワーに合わせて異なった最適の設計がなされています。大型・高品質の独自設計のファンは騒音を最小限にしながら送風機能を最大化させています。またノートブックでは、上質な銅を用いたヒートシンクがパソコン内部に張り巡らされており、その冷却機構は他の追随を許しません。大型なデスクトップに大型の冷却機構、サイズも騒音も考慮せずに冷却機能を最大化させることはできます。パフォーマンスを犠牲にして薄くて軽いゲーミングノートブックを作ることも可能です。ただし、それがユーザーに最上のゲーム体験を届けられるとはALIENWAREは考えていません。

冷却機構


拡張性・取り回しに優れたデザイン

拡張性・取り回しに優れたデザイン

ALIENWAREはユーザーに長い間マシンを使い続けてほしいと考え、拡張性も重視しております。デスクトップでは、できるだけツールレスでグラフィックスカードやストレージ、メモリの増設ができるよう設計しています。ノートブックでも底面からのアクセスで、簡単にメモリやSSDが増設できるよう設計されています。冷却機構を重視しながら拡張性を担保し、それを小型な筐体で実現するため、高密度実装の専用筐体をすべてのモデルで提供しています。


ノートブックでの体験を最大化する特製キーボード

ゲーミングノートブックのキーボードでは満足できずに専用のキーボードを準備したことがありませんか?
ALIENWAREではノートブックにおけるキーボードの不満を数多く耳にしてきました。それに対する答えがこのオリジナルキーボードです。Nキーロールオーバーとアンチゴーストに対応し、1分当たりの最大アクション数は108キーコマンド超。またノートブックのキーボードの大きな不満点であるキートラベルの深さも、ノートブックでありながら2.2mmを確保して、叩きやすさを実現しました。またキーボードの底面にはスチールプレートが敷かれており、最大1,000万回の激しい打鍵でもぶれずに安定した機能を保ちます。

ノートブックでの体験を最大化する特製キーボード

2. ゲーム体験を向上させる独自ソフトウェア群

2. ゲーム体験を向上させる独自ソフトウェア群
2. ゲーム体験を向上させる独自ソフトウェア群

ALIENWAREコマンドセンター

ゲーミング環境をコントロールする独自の総合管理アプリケーション。

刷新された「New ALIENWARE コマンドセンター」は、ゲームに関する様々な設定を司る総合管理アプリケーションです。シンプルかつ直感的なインターフェイスを採用し、初めての方でも容易にオーバークロックも行えます。ゲームを始めるために必要な様々な設定管理がこのソフトウェアで実現します。

ALIENWARE コマンドセンター


ALIENWAREコントロールセンター

ALIENWARE製のマウスやキーボードといったALIENWARE外部機器のライティング、マクロ管理を実施できる専用ソフトウェアです。直感的なインターフェイスによる簡単な操作で、ゲームに合わせたライティングやマクロセッティングを実現し、プレイ体験の向上をサポートします。

ALIENWARE コントロールセンター
ALIENWARE コントロールセンター


サウンドセンター

ALIENWAREサウンドセンター

ALIENWAREではサウンドもゲーム体験に重要な要素であると考えます。ゲームの臨場感を最大化させるために数々の出力パラメータを設定することができる独自のサウンドプロセッサスイートを搭載しています。ゲームの種類に合わせたプリセットも登録されていますが、自分好みの設定も探してみてください。

Notebook

ためらうな、夢中になれ。

ためらうな、夢中になれ。

ALIENWAREのゲーミングノートブックは、デスクトップに劣らないパワーを持つ17インチ、パフォーマンスとモビリティの両立を実現する15インチ、そしてゲーミングノートとしての機能を削ることなく、サイズの最小化を実現した13インチの3種類で構成されています。詳しい特徴は以下をご覧ください。

  1. 独自設計の大型ファンが2基設置、上質な銅によるヒートシンク機構により、騒音を最小化させながら強力な冷却機能を実現。
  2. 上質な金属、プラスチックの採用により、高級感を持ちながら頑丈さを実現したボディ
  3. Nキーロールオーバーとアンチゴーストに対応、2.2mmのキートラベルなど、ゲーミングキーボードとしての使用を十分に可能にする独自のキーボード
  4. 別売のALIENWARE Amplifierにグラフィックスカードを搭載し、接続させることで、最新のグラフィックスカードのパフォーマンスを発揮。
  5. 17インチではTobii社製の視線追跡機能を搭載し、独自のゲーム体験を生み出し、また自分の視線の動きを学ぶことで、ゲームの腕を磨くことも可能。
ラインナップを見る

DeskTop

不可能も境界も、知らない。

不可能も境界も、知らない。

ALIENWAREのゲーミングデスクトップは、ゲーミングパソコンの頂点に到達するにふさわしい力を持ち合わせています。特徴的なトライアドエアフローシステムシャーシを持ち、究極の体験を実現するフラッグシップモデルであるArea-51、ハイエンドゲーミングパソコンを求めるユーザーの要求に応える機能を十分に搭載したAurora、の2種類を展開しています。詳しい特徴は以下をご覧ください。

  1. 人間工学をも取り入れて設計された強力なエアフローシステム、簡易水冷冷却を持つCPU も準備しており、高負荷下での長時間安定稼働を実現。
  2. 大型エアフローシステムの空気孔を持ちながらも十分な強度を担保する上質な素材を利用したボディはデザインと機能性を完全に両立。
  3. ケーブル類の取り回しや拡張作業を極力まで簡便にする独自の機構により、ユーザーの手間を最小化。
  4. グラフィックスカード、メモリ、ストレージの拡張性を損なうことなく、サイズをできるだけ小さくした高密度実装筐体。
ラインナップを見る

Monitor & Accessory

洗練されたデザインに必要なすべてを搭載。

洗練されたデザインに必要なすべてを搭載。

ALIENWAREではユーザーのゲーム体験を完全なものとするためにモニタを始めとしたエコシステムを取り揃えております。詳細は以下をご覧ください。

  1. 25インチモニタ(AW2518H/HF):FPSやレースゲームなど、高いリフレッシュレート(240Hz)、応答速度(最大1ms)を求めるユーザーのためのプロユースのモニタです。
  2. 34インチモニタ(AW3418DW/HW):RPGやアクションゲームなど、美しい映像に没入したいユーザーのための、WQHD、解像度21:9の曲面モニタです。
  3. マウス・キーボード:プロユースなどの長時間プレイにも耐える耐久性試験をクリアしてきたALIENWAREデザインの完璧なアイテムです。
  4. バッグ:バックパック、ショルダーバックなど、複数の選択肢を持ちます。AWゲーミングノートパソコンの運搬のために開発されており、十分なクッション性を持ち、周辺機器なども細かく整理できるように多くのポケットを内部に持っています。
ラインナップを見る