店舗
秋葉原
新宿
東日本
西日本
ビックカメラ店内
コジマ店内
買取専門店
サービス・サポートカウンター
法人
法人窓口
Web
ネットショップ
フランチャイズ
中古商品買取販売専門店

メディアの大容量化に伴い、CD-R/MO/FDなどで保存していたデータをHDDバックアップなどに切り替えることが多くなってきました。またバックアップハードディスクも大容量化し過去に使用していたハードディスクをまとめたりしていませんか。そんな使用済みのメディアやハードディスクは情報漏えいの元にもなりかねません。家庭内で専用フォーマットをかけるという手もありますが、もっと手軽にかつ復元不可能なのは物理的破壊が一番です。ソフマップのHDD破壊サービスはハードディスクだけではなくメディアやケータイ電話など個人情報なども物理的に破壊・消去します。
 ゴミ箱の処理やフォーマット処理だけでは、非常に危険な状態でデータを放出していることになります。なぜゴミ箱の処理やフォーマット処理ではダメなのでしょうか?
 ハードディスクに記録される情報は、ファイル管理領域と実データ領域に分けて記録され、そのデータ有無は、このファイル管理領域の情報によって判断されます。ゴミ箱の処理やフォーマットでのデータ消去では、このファイル管理領域のデータが無効に書き換えられただけで、実データはそのまま残っています。市販の復元ソフトを使えば、このデータ本体の記録を読み出すことが可能です。では、どのような方法でデータ消去をすれば良いのでしょう?
現在、大きく分けて3種類の方法があります。
 1. データ消去ソフトを使用して消去
 2. 特殊な装置で電気的、磁気的に強磁界をかけて消去
 3. 物理的に破壊する


データ消去ソフトによる
データ消去
■ハードディスクドライブ全領域に無意味なパターンのデータを上書き。

■通常、複数パターンの上書きを3回行えば安全と言われています。

■ディスク破損など書き込み可能でない場合、使用できません。

■データ消去ソフトによっては、ロックされている領域を消去ができないものもあり、情報漏えいの危険があります。
磁気照射による
データ消去
■強い電磁場を生じさせる機械を使用し、残留磁気を一定の方向に変えデータを消滅させます。

■磁気照射が、データをすべて破壊するくらい十分に強いという保証がなく、またデータ消去後の確認も容易ではありません。

■特殊な装置や作業環境が必要なため、サービスそのものが一般的ではありません。
物理的破壊による
データ消去
■分解、焼却、粉砕、切断、融解などさまざまな方法を使用して物理的に破壊します。

■確実に実行されれば、非常に有効な方法です。

■大量のハードディスクドライブを短時間で破壊することができます。

■ただし、この方法はデータ自体を破壊しません。
▼当社が採用している方法はこちら
・専用機でハードディスクの記録部分のみをピンポイントで加圧変形させ、記録磁性層を破壊し、穴を開けます。
 目の前で作業をするので安心です。


Q:「穴を開けた破損部分は読み取れないが、ほかの部分にはデータが残っており、
  特殊な方法を使えば情報を取り出すことができる」という話があります。本当に大丈夫でしょうか?

A:データを取り出すことは、ほぼ不可能です。
  ハードディスクドライブは、データを記録する円板(プラッタディスク)
  と磁気ヘッド、磁気ヘッドを搭載するアームから成り立っています。
  アームは円板上を1秒間に最高100回ほど往復できるので、円板
  上に記録されたデータへ瞬時にヘッドを移動して読み取る、記録
  情報を書き込むことが可能です。
   また、ハードディスクドライブの円板は一般的なもので1分間に
  5,400〜7,200回転しており、秒になおすと、1秒間に90〜120回転
  しています。
   このような高速駆動、且つ緻密な装置であるため、衝撃やホコリなどに弱く、たとえば、データ復旧サービス
  などは、手術を行う無菌室さながらのクリーンルームでの作業となっており、企業によっては1立方フィートあたり
  0.5ミクロン(0.0005mm)以上の浮遊物質数を100個以下に保った環境で作業をしています。
  逆に言えば、目に見えないホコリすらもハードディスクがクラッシュする原因になります。
   このような非常にデリケートなハードディスクドライブを圧力で変形させ、円板を湾曲させ、穴を開けて、
  その際に発生する粉塵等をバラ巻いた状態から、正常動作時と同じように水平に高速回転させ、
  ヘッドを当ててデータを取り出すことは、ほぼ不可能と言えます。

HDD破壊サービス対応店舗一覧(リスト)